わたしのこれまで

こんにちは!入澤あきこです。

今日は、少しだけ私の話をさせてくださいね。

「なぜ今の活動をしてるのか?」と聞かれることが増えたので、ブログにしてみました。

わたしは今、「子育てしながら働く女性が一人でも多く自分の才能を生かして経済的自立ができる社会」を作るために活動していて、少しでも多くの方のきっかけになりたい、と思っています。

なぜそう思うようになったのか?

わたしは、今でこそ起業11年目です。

実は10年間は、スタイリストの仕事をしていました。

それに加えて、新しく立ち上げた「子育てしながら働く女性のための研究所」の仕事が今メイン事業になっています。

ですが、はじめからスムーズに起業できていたわけではありません。

今日は、わたしの歴史を遡ってお伝えしますね。

生い立ち〜OL時代

わたしは1982年横浜生まれ、団塊世代より少し下の世代の、一般的なサラリーマン家庭で育ってきました。

中学から私立の女子校に行ったものの、周りの子の優秀さと比べて何もできない自分に落ち込み、自分の居場所を見つけられない中高生時代でした。

就職活動の時は、望み通りの就職ができず、落ちこぼれ。

会社に入っても、仕事はできないし、楽しめないし、自分に自信がなく、ネガティブの塊となっていました。

当時のわたしには、誰にでもできるような仕事しかさせてもらえませんでした。

お茶汲みや、会社での新聞配り、簡単な事務処理・・・

こんなことするために、生まれてきたの・・・?

そんな絶望した気持ちでいました。

私が憧れるのは、自分の仕事を愛して楽しんで、自立して、自信に満ち溢れた女性。

でも、自分はとても遠い所にいました。

人生を変えたい!

そんなある時、友人の誘いでパーソナルカラー診断を受けました。

「こういう仕事をしてる人がいるんだ!」「自分も勉強したら人生を変えられるかもしれない」と希望の光を見せてもらったのです。

その先生が素敵で、お願いして色彩学やパーソナルカラーの勉強をさせてもらうことになりました。

勉強してみると、世界は広がります。

この世界には、実は、好きなことを仕事にしてる人はたくさんいて、働き方の選択肢はたくさんある、と知ったのでした。

その後資格を取得し、会社の仕事も楽しくなり、色の資格を活かせる仕事もでき、人生が充実していきました。

起業のきっかけとは?

しかし、結婚して、夫が長崎に転勤することになりました。

会社を退職することになりました。

地方に転勤で住むと、数年後にはまた引越しが待っているので、正社員で同じような仕事をするのは難しい・・・。と落ち込みもしましたが・・・

発想の転換。

「持ってる資格で自分で仕事を始める」という選択肢を持てたのが、わたしの人生を大きく変えてくれました。

資格のおかげで、起業ができたんです!

起業初期は、新しい土地で新しい人脈を広げながら、個人のお客様向けのパーソナルスタイリスト、個人飲食店の店舗デザインやパッケージデザインの監修、などをはじめました。

当時、長崎に同じことをしてる人がいなかったのもあり、珍しい存在として可愛がっていただきました。

妊娠出産育児…大きな壁が立ちはだかる

順調に仕事を始めましたが、長女の出産に伴い、すべての仕事をストップ。

産後どのように仕事を再開すればいいかの目処が立ちませんでした。

会社員でママになった友人たちは、一年経ったら元の職場に戻って行きます。

でも、フリーランスの私には戻るところがありません。

お客様が来ていた流れもストップしてしまって、どうしたらいいかわかりません。

これまでのように出歩いて人脈を増やすのも難しい。

育児に追われる日々、わからないことばかりで途方にくれる日々、あっという間に1年半が経っていました。

この頃は、初めての育児にパニックし、やりたいことはできないし、イライラで夫婦仲は悪かったし、暗闇にいました。

目が、笑ってない・・・。

髪もボサボサ。

壁を乗り越えるためにやったこと

育児して引きこもってばかりいても、道は拓けないと思い、「子どもがいてもいいよ」と言ってくれるヨガに通ったり、メイクレッスンに通ったり、と学びをスタートさせてました。

学びを通じて、出会いに恵まれ、「パーソナルカラー診断をしてほしい」など、再び声をかけてもらえるようになりました。

しかし、休んでる間に、ライバルも増え、どうやってお客様を集めればいいんだ?!と集客の危機が訪れます。

そこで、起業や発信について学び始めました。

当時はスカイプでビデオ受講できる講座に参加していました。

学びのおかげで、「長崎 カラー診断」などの検索順位が一位となり、ブログさえ書いていればお客様が来てくださるという流れで仕事ができるようになりました。

おかげさまで企業様研修や、テレビのお仕事などもいただけるようになりました。

第一子で、産後の働き方についての心得ができたので、第二子出産時は戸惑うことなく仕事復帰が果たせました。

順調だった仕事にも陰りが訪れる

ところが、いつまでも長崎生活が続けられるわけでもなく、長崎から横浜に引っ越すことになりました。

パーソナルスタイリストの仕事をしていたので、お客様との間にできた物理的距離に仕事の継続が難しくなりました。

長崎時代は、忙しく仕事をしていたので、仕事がないことが苦痛。

「私には実績があるのに、お客様が誰も来ないなんておかしい!」とおごったり。

「あの頃に戻りたい…」と思い、前を向くことができなくなりました。

また、色々なSNSで発信をしていたものの、どれも空振り。

発信すればお客様が来る時代は終わっており、お問い合わせの来ない期間を2年も過ごすことになりました。

再起のきっかけとは?

再起のきっかけは、目線を変えたことでした。

起業10年の中で、やってきた手法から少し離れてみることにしました。

まずは、最先端のWEBマーケティング会社に就職。

仕事についていくために、研修を受けたり毎月5冊以上本を読んだりして、徹底的に最新のマーケティングについて勉強し、実践しました。

また時を同じく、105名の子育てしながら働く女性へのインタビューで、多くの人と出会いに恵まれました。

そして、働き方と子育てに関する電子書籍を出版しました。

行動変化の連続が、新たな道の突破口となったのです。

出版、SNSマーケティング、文章術、スタイリング、様々な切り口から、お客様と繋がることができるようになり、お問いわせが途絶えることがなくなりました。

何歳からでも女性が経済的に自立するために

特に、本を出版したことは、大きかったです。

子育て世代の女性から、仕事の相談を受ける機会が増えました。

またスタイリングに関する本ではありませんでしたが、スタイリストのご依頼も増えました。

これまで、私の辿ってきた道のりは、今育児や仕事に悩んでる人の力になれる!

出版や発信に関するアドバイスをした女性がどんどん活躍している!

これはさらに多くの人に伝えて、日本で女性が活躍していくためのヒントを届けなくては・・!

と使命感を持つようになりました。

だからこそ、こうして発信をしています。

こうした発信が、きっといつか誰かに届き、その人の活躍がまた次の誰かに届き・・・と連鎖を起こすと本気で信じています。

ということで、長くなりましたが、わたしの自己紹介、どうしてこんな活動をしているか、をお話させていただきました。

これを書いたことで、誰かの活躍の後押しになり、いつかお会いできたら、それほど嬉しいことはありません。

今後お話できるような機会を作っていきますね!

読んでくださり、ありがとうございました。

入澤あきこ